役に立つTipsと備忘録集
ビジネスにおいて色々役に立つTipsと備忘録を集めています。知的財産権についての法律系、Excel、Access、Oracle等のシステムに関する技術系、資格取得などの情報が満載です。他に趣味としている、お小遣い稼ぎのポイントサイトやオンラインゲームのクラクラ情報も掲載しています。
【Linux】vmstatについて
vmstat [オプション] [間隔(sec) [回数] ]

各項目の説明
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu------
r b swpd free buff cache si so bi bo in cs us sy id wa st

[procs]
r : 実行待ち状態のプロセスの数
b : 割り込み不可能なスリープ状態にあるプロセスの数

[memory]
swpd : 現在の仮想メモリの量
free : 現在空いている実メモリの量
buff : バッファに使われている実メモリの量
cache : キャッシュとして使われている実メモリの量
inact : アクティブになっていない実メモリの量(-a)
active: アクティブな実メモリの量(-a)

[swap]
si : ディスクからスワップインしているメモリ量(KB/s)
so : ディスクにスワップしているメモリ量(KB/s)

[io]
bi : ブロックデバイスから受け取ったブロック数 (ブロック/s)
bo : ブロックデバイスに送られたブロック数 (ブロック/s)

[system]
in : 一秒あたりの割り込み回数
cs : 一秒あたりのコンテキストスイッチ回数

[cpu]
us : 実行に使用したユーザ時間
sy : カーネルコードの実行に使用したシステム時間
id : アイドル時間
wa : IO の待ち時間
st : 仮想マシンから盗まれた時間



アフィリエイト・SEO対策




テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

【Oracle】表領域取得SQL
select
t1.tablespace_name
||','||t1.bytes/1024/1024
||','||t2.bytes/1024/1024
||','||(t1.bytes-t2.bytes)/1024/1024
as output
from
(select sum(bytes) as bytes,
tablespace_name
from dba_data_files
group by tablespace_name) t1,
(select sum(bytes) as bytes,
tablespace_name
from dba_free_space
group by tablespace_name) t2
where
t1.TABLESPACE_NAME=t2.TABLESPACE_NAME(+)
order by t1.tablespace_name;



テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

【vbs】ドラッグアンドドロップで、ファイル名・作成日時・保存場所を取得
Set myFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
If WScript.Arguments.Count = 0 Then
MsgBox "フォルダ/ファイルをここにドロップして下さい"
wscript.quit
End If
Msgbox "しらべます"

'================================================
myCNT = 1
For Each myFName In WScript.Arguments
If myFS.FolderExists(myFName) Then
With myFS.GetFolder(myFName)
mm1 = .Name & ","
mm1 = mm1 & .DateLastModified & "," & .ParentFolder & vbCrLf
mm2 = myCNT & " " & .Name & vbCrLf
End With
mm = mm & mm1
If myCNT < 21 Then
mmP = mmP & mm2
myCNT = myCNT + 1
End If
End If
Next
'================================================
For Each myFName In WScript.Arguments
If myFS.FileExists(myFName) Then
With myFS.GetFile(myFName)
mm1 = .Name & ","
mm1 = mm1 & .DateLastModified & "," & .ParentFolder & vbCrLf
mm2 = myCNT & " " & .Name & vbCrLf
End With
mm = mm & mm1
If myCNT < 20 Then
mmP = mmP & mm2
myCNT = myCNT + 1
End If
End If
Next
Msgbox "コピーします" & vbcrlf & vbcrlf & mmP
'================================================
Set myIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
myIE.Navigate "about:blank"
Do While myIE.Busy
Wscript.Sleep 10
Loop
myIE.Document.parentWindow.clipboardData.setData "text", mm
myIE.Quit
Msgbox "完了です 貼付け可能になりました"

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【Oracle】完全リフレッシュ方法
execute dbms_snapshot.refresh(テーブル名,'c');

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

【Oracle】インデックス構築の目安
// ANLAYZE生成SQL
select 'anlayze index ' || index_name || ' VALIDATE STRUCTURE;' from user_indexes where index_name like 'IX%';


// 再構築の目安
// HEIGHT => 4
// DEL_LF_ROW/LF_ROWS > 0.2

select NAME,HEIGHT,DEL_LF_ROWS/LF_ROWS as ROW_WARIAI from index_stats;


// 再構築
ALTER INDEX IX_TRN091DF_00 REBUILD;

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ